お暇な主婦の日常 あおによし 天平の煌き
FC2ブログ

あおによし 天平の煌き

20181107.jpg
7年ぶりにお暇な主婦は 奈良国立博物館へお出かけあそばしました
この時期この場所と言えば何を見に行ったかすぐお判りですね♪
20181107b.jpg

20181107a.jpg
待ち時間ナント!10分! こんなに短い時間で入館できたのは初めて
raden.jpg
お目当ての「玳瑁螺鈿八角箱」(たいまいらでんはっかくのはこ)
べっ甲や貝殻などで加工して飾った花や鳥などの文様をあしらっている。
仏さまへの4お供え物をいれた箱だそうで 
思っていたより大きな箱で豪華絢爛!

「平螺鈿背八角鏡」(へいらでんはいのはっかくきょう)」は、
琥珀やヤコウガイを使った唐花文様が一面に表されてる
こちらは 鎌倉時代に盗まれ、バラバラに壊され八つの断片に割られ、
装飾の4割が失われたそう。
明治時代に宮内省が不足した部分を補って銀の金具で接合し、装飾も復元。
鏡面は銅と錫すずの合金で銀色に見えるため 盗人が銀製と勘違いして犯行に及んだ可能性がある
換金しようとして失敗し、たたき割って大仏殿前に捨てたのだという。
展示では、かすがいが残る鏡面を見ることはできない。
(一部引用)

「平螺鈿背八角鏡」は実は2008年に私が初めて 正倉院展に行った時に見たものだった
この時は 天皇皇后両陛下がお出ましになり 車列を見送った思い出が~
その他にも刺繍飾りの靴や高松塚古墳の壁画にかかれた飛鳥美人が身に着けている 
巻きスカートの ようなもの などなど・・・
小さな望遠鏡?を持ってきている人もいて、
細部まで展示物を熱心に見学されている人もおられました


さて 見学終わって もう1か所 興福寺へ 
20181107c.jpg
五重塔と東金堂は共に国宝
中金堂は 再建工事が完了し2018年10月に落慶法要を迎えたばかり
20181107e.jpg
最後に 実はまだ1度も 「阿修羅」を鑑賞したことがなく・・・
20181107d.jpg
せっかくだから帰りに興福寺国宝館へ。。
写真撮影はもちろん禁止 
びっくり したのが 重文やら国宝級の仏像が 
ガラスケースなしで見られるようになってる事
まじかに鑑賞することができ良かった

天平の煌き 今日は奈良の遺産を堪能してきました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

No title

omachi さん 初めまして コメントありがとうございます
興福寺の北円堂はちょっと奥まったところにあり わかり難いですね
前まで行きましたが中には入りませんでした(;^_^A アセアセ・・・
 ウェブ小説 一度検索してみます

プロフィール

りら

Author:りら
東京タワーやチキンラーメンやスーパーカブと同級生です(笑)日々の出来事 綴ります

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード