お暇な主婦の日常 多田銀銅山

多田銀銅山

先日荒牧のバラ園に行った帰り 駅に置いてたパンフを見て
こんな場所があるのを初めて知り
今日は 豊臣秀吉の埋蔵金伝説 がある 多田銀銅山 へ行ってきました!

多田銀銅山の歴史は古く 東大寺の大仏建立の為に銅を献上したと伝えられています。

阪急川西駅からバスで約30分 白金(しろがね)のバス停からは徒歩
 大きくオシャレなお家がたくさんの新興住宅地のはずれにある遊歩道を歩き
こんな らせん階段降りたら 
P6140005.jpg

うぐいすは煩いほど鳴いてるわ ホトトギスは鳴いてるわと
一変 田舎道に・・・・バス停から20分ほど歩くと多田銀銅山悠久の館に到着

P6140011.jpg

HPは こちら→ 多田銀銅山悠久の館

この施設は入場無料で、多田銀銅山で採掘された鉱石や使用された道具、絵図や古文書などを展示しています。
写真撮影は禁止(^^ゞ

悠久の館の向かい側にある広場は 堀家製錬所跡

P6140012.jpg
レンガ構造物が残されています。

ここから徒歩で10分ほど
securedownload (28)


 青木間歩に到着P6140025.jpg
多田銀山で唯一、内部の見学が出来るのは青木間歩だけです
P6140028.jpg
間歩(まぶ) とは鉱石を採掘するために掘られた坑道の事を言います 
見学できる坑道の距離はそんなに長くありませんが 中は17℃ほどで ひんやりとしてました
一応、ヘルメットも置いてある(笑)

水抜き通風穴跡。青木間歩から少し北の川沿いの山腹に
P6140036.jpg

日本鉱業多田鉱業所跡。

P6140039.jpg
昭和19年以来、日本鉱業が瓢箪間歩周辺を中心に機械を使って採掘を行ってたが
昭和48年に閉山。そんな最近?まで稼働してたんやねぇ・・・

ここからさらに 歩いて 台所間歩とP6140041.jpg

P6140042.jpg
 瓢箪間歩を こちらは中に入れません(笑)
台所間歩は 江戸時代 大阪城の台所(財政)を潤すほど 銀銅の産出量があったことからつけられたそうです
散策コースはこのまま 道の駅に抜けるコースもあるようだけど 

ここから 来た道を戻ることに
行きは白金のバス停からだったけど 帰りは少し歩いて 猪渕口のバス停から
阪急川西駅前でお昼ご飯食べて15時には帰宅でした
自宅から1時間ほどの場所に こんなところがあるとは (⌒▽⌒;)

さて今日から私は仕事が3連休 明日も出かける予定です




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

梅雨の晴れ間に良い運動になったのでは?

意外の近場に面白そうなところが有るもんですね。

No title

Kerinさん この場所知ってましたか?
私は全く知らずでした・・・
今日は結構歩いたけど 川西で お昼のランチバイキングでお腹いっぱい食べたから 意味ないですね(^^ゞ

No title

こんばんは、面白そうな所ではございませんか♪

中撮影禁止はセコイですよねぇ、それで見に行きたくなるかも
しれないのに

三連休、金曜日残念でございます・・また楽しみにしとります(^^

No title

こんばんわ~
子供が小さい頃に連れて行ったことがあります。
その頃は台所間歩も瓢箪間歩も入る事が出来ました。
もっとも、奥の方は崩れて危険な・・・
代官屋敷跡?という表示もあった様な?
秀吉の埋蔵金探しをしている人も居ましたが
今はどうでしょうか?

No title

renさん 
館内の撮影は事前に教育振興課社会教育室への許可申請が必要だそうです(-_-;)
こんな場所があるとは知りませんでした
金曜日は残念ながら。。。またの機会によろしくです

No title

がきでかさん
Σ(゚Д゚;エーッ! 台所間歩も瓢箪間歩も 昔は入れたのですか?
今は危険だからでしょうね 入れませんでした

代官所門もありました 
埋蔵金探しの方はお亡くなりになられたとか?
坑道内で 鉱物をホリホリしたら 何とか云う法に触れ罰せられるようなことが 
書かれてました(笑)
プロフィール

りら

Author:りら
東京タワーや チキンラーメンや 
スーパーカブと同級生です(笑)
日々の出来事 綴ります

限定記事について ブログでコメント等やり取りをさせていただいている方でしたら
コメントで問い合わせくださいましたら パスワードをお知らせします

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
カウンター
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード